こどもアートスタジオの概要・沿革・受賞歴・スタッフを紹介しております。

〔名称〕   こどもアートスタジオ

〔代表者〕 辻  雅 (つじ みやび)

〔内容 1、研究〕
 私たちは、乳児・幼児・児童(小学生)を対象とした絵画・造形・表現の研究施設、アトリエを設けて日々、教材開発や指導方法の研究をしております。アトリエの様子は こちら から

〔内容 2、放課後の絵と工作の課外教室運営〕
 大阪府下、その近隣の幼稚園・保育園・認定こども園や、街の集会所の教室をお借りして絵とクラフトの教室を運営しております。


[内容3、保育中の園児たちへの正課内レッスン]
 幼稚園、保育園の子どもたちへ、保育中に私ども講師が直接、絵画または製作のレッスンを行っています。

[内容4、園での職員研修会]  
 幼稚園や保育園の先生方へ、絵画・製作・造形あそびの実技指導中心の研修を行っています。

〔内容5、デザイン・イラスト・本の出版〕
 「こども」「表現」「アート」の3つをキーワードにデザインやイラスト、Web制作、本の制作・装丁、トークショー、展覧会の企画の仕事などをしています。

〔TEL〕    0742−49−2212

〔e-mail〕 





1972. 大阪市住吉区に『辻造形美術研究所』を設立
1973. 「第1回 子どもの絵と造形展」を開催(大阪市内)
1974. 奈良県北葛城郡にアトリエを移転 。自然に恵まれた環境を活かし、戸外での造形遊びを積極的に取り入れるなど斬新な美術教育の実践の場として注目される。
1976. 「第2回 こども造形美術展」を開催(奈良アトリエにて) 
1978. 「第3回 挑戦するこどもたち展」(奈良県立文化会館展示室)
1980. 「第4回 こどもたちからのメッセージ展」(大阪芸術センター)
1981. 「第5回 子どもの絵と造形展」(奈良県立文化会館展示室)
1983. 名称を『子どもの造形舎』に改称
1986,87. 全日本こども美術展 優秀指導者賞受賞
1988.  「100枚の絵画展〜ちびっこギャラリー1周年記念」を後援(松坂屋大阪店)
1989.  「第2回 100枚の絵画展」の全作品を後援(松坂屋カトレアルームにて)
1990.  「第11回 子どもの絵と造形展」(大阪国際交流センターギャラリー)以降毎年、同場所にて、展覧会を開催、現在に至る
2002. 名称を『こどもアートスタジオ』に改称
2003. 堺市泉北鉄道のステーションギャラリーにて作品を展示
2004. 大阪市郵便局ミニギャラリーにてこどもの絵と工作展を開催
2005.  「第25回 子どもの絵と造形展」(大阪国際交流センターにて開催)
2006. 泉北鉄道、泉ヶ丘駅の「ざ・ギャラリー」にて作品展示
三重川越電力館「テラ46」にて、作品を展示
2007.  「第26回 子どもの絵と造形展」(大阪国際交流センターにて開催) 以降、毎年開催




子どもの造形舎のこどもアートスタジオとその指導園では、数多くのコンクールで賞を頂いております。

「全国教育美術展」「世界児童画展」の文部科学大臣賞をはじめ、各テレビ賞、新聞社賞、指導者賞等
「こども二科展」団体奨励賞・特賞などの特別賞
「大阪建築士事務所協会展」の大阪知事賞 大阪教育委員会賞等
「鉄道の日」記念児童絵画コンクール(大阪市交通局主催および阪急電鉄主催)において、大賞, 金,銀賞  その他、多数受賞。
詳しくは →こちら





こどもアートスタジオとカリキュラムプランナー辻正宏の制作した本

0〜3歳児のぞうけい―遊びの中の発達‐その指導と実践』(共著)サクラクレパス出版部、1983年
『幼児のかみ製作―その技法と実践指導 (造形教育 技法編)』:サクラクレパス出版、1984年
『0〜4歳児の造形―なぐり描きから絵画へ・その指導』(共著):三晃書房1994年
『造形表現・理論実践編』 『造形表現・実技編』(編著):三晃書房、1994年
『ひつじ先生の造形遊び』幼児と保育別冊
『おはなしをたのしんで おえかきがとくいになるほん』宝島社、2006年
『飾れる!使える!たのしい季節の切り紙』PHP研究所、2007年
『箸袋でたのしい折り紙』PHP研究所、2008年
『たのしい親子のきりがみ』泉書房、2009年
『飾る!楽しむ!12ヶ月の切り紙』PHP研究所、2011年
『園で人気の切り紙』PHP研究所、2014年
『四季の花の切り紙ブック』PHP研究所、2016年
『つくって・あそんで・持ち帰れる 12か月わくわく製作遊びアイデア&アレンジ180』池田書店編集部 編 (共著)
、2016年

その他、保育雑誌、美術誌に多数執筆。  

→詳しくはこちら から





[講師]
大学および短期大学を卒業して芸術または児童、初等教育科を専攻し、
こどもアートスタジオの研修を受けた美術専門の講師です。こども大好き、絵が大好きのベテラン講師が、ふれあいを大切に生徒一人ひとりの個性を豊かに引き出します。

→ 講師の作品は こちらから


[代表]
辻 雅 MIYABI Tsuji

 3歳児から小学6年生までを対象とした絵と工作の教室〈こどもアートスタジオ〉を主宰。子どもたちの豊かな成長を夢見ながら,新しい視点で造形活動を研究し、幼稚園において絵画,造形の実践指導および研修など行なっています。京都女子大学 英文科卒、芦屋市展市長賞受賞、靭ギャラリー、ギャラリー白、などで個展多数


[副代表] アートディレクター
辻 大地 DAICHI Tsuji 1973年大阪市生まれ

 「こどもアートスタジオ」の前身である「辻造形美術研究所」を立ち上げ、さまざまな造形活動を展開したカリキュラム・プランナー辻正宏(父)故人の意志を引き継いで2000年〜こどもたちを芸術活動に導いていくアートディレクターとして活動中。造形教室「こどもアートスタジオ」の運営をおこないながら、園児や小学生に絵や工作を教室で教えたり、幼稚園・保育園・こども園の保育者へ絵画・造形の研修指導を継続的におこなっている。

■専門
幼児造形、子どもの描画、切り紙製作、画塾運営、美術対話、現代美術

■職歴等
株式会社モンベル(1996〜2000年)を経て、造形教室「こどもアートスタジオ」を共同運営(2000年〜)

■学歴
関西大学経済学部経済学科卒、1995年
京都造形芸術大学芸術学部洋画科卒、2003年

■所属学会
美術科教育学会 乳・幼児造形研究部会、2014年〜
日本美術教育学会、2017年〜
日本保育学会、2017年〜

■委員歴
幼児造形教育連盟主催「幼児造形Koyasan集会」運営委員、2013年〜
運営委員の仕事の他に「幼児造形Koyasan集会」のWEBSITEを作成 こちらから閲覧できます


■著書・論文
『おはなしをたのしんで おえかきがとくいになるほん』宝島社、2006年
『飾れる!使える!たのしい季節の切り紙』PHP研究所、2007年→10万部 販売!!
『たのしい親子のきりがみ』泉書房、2009年
『箸袋でたのしい折り紙』PHP研究所、2010年
『飾る!楽しむ!12ヶ月の切り紙』PHP出版、2011年
『園で人気の切り紙』PHP研究所、2014年
『四季の花の切り紙ブック』PHP研究所、2016年
以上、こどもアートスタジオでの共著

■記事掲載
「子どもの絵画表現における認識の変化とその特徴〜線遊びから超越者の出現へ」『トーキングヘッズ叢書No.52』アトリエサ−ド、2012年
「脳育・紙こうさく」『のびのび子育て2016年6月号』PHP研究所、2016年
「ワクワク電車あそび」『とことことん2016年夏号』JR西日本、2016年

■講演・発表
「幼児の描画の特徴と発達段階について」講演、天理市立幼稚園連盟教育委員会、2012年
「乳幼児の描画指導の実践について」講演、舞鶴市立幼稚園連盟、2013年
「乳幼児期における造形あそびについて」講演、大阪大谷大学教育学部 ゲストティチャー、2014年
「子どもの絵の発達と心理」講演、絵画教室ネットワークGa-net、2015年
「子どもはいつごろから思い出の絵が描けるのか」口頭発表、美術科教育学会第38回大阪大会、2016年 「ドイツの初等教育における「アート・プロジェクト教育実践」から探る美術教育の新たなかたち」指定質問者、美術科教育学会リサーチフォーラムIN大阪、2016
「参加型アート、プロジェクト型アートの概要と展望」口頭発表、和歌山大学美術教育研究会、2016年

■社会活動
ネット配信 アート系トーク番組artairの運営・活動(2011年〜) WEBSITEはこちらから
「日本アートシーンの構造について」NPO輪音4周年記念イベントトークショー、2010年 
「キャラクターに見る若者の表現の特徴」京都アートダイブ#4に出展、2011年
「西欧と欧米の表現の違い」Spot Light Cafe in Kobe、口頭発表、2011年 
「非現実的or超現実的なシュールな作品たち」あかマルシェ、CASO、インタビュー、2011年 
「アート系Q&Aアートを職業にするには?など」アートイベントArtdeAsobe、大阪、口頭発表、2011年
「アート系トーク番組とは」京都ラジオ SHAKE ART 放送出演、2012年
「アートとメディアの新しい関係」アート系トーク番組に当時関西ウォーカー編集長玉置氏が出演、2012年
「工藤哲巳とはなにものか?」アート系トーク番組に当時国立国際美術館 副館長 島敦彦氏が出演、2013年
「ポンピドゥー・センター・コレクションに迫る」アート系トーク番組に当時兵庫県立美術館 小林公氏が出演、2014年
「中山いくみ展 ポストインターネット時代における絵画のメディウムとは?」アート系トーク番組に当時広島県立美術館 山下寿水氏が出演、2015年

■受賞歴
「世界児童画展」指導者賞受賞、2004年〜2009年まで毎年受賞
「シェル美術賞」入選、2005年 
「トーキョーワンダーウォール2006」入選、2006年
「トーキョーワンダーウォール2007」入選、2007年
「トーキョーワンダーシード2008」入選、2008年
「タグボート・アワード」入選、2008年
「タグボート・スプリングアワード」入選、2009年
「タグボート・サマーアワード」入選、2009年
「教育美術指導者賞」、2012年
「関西USTREAM AWARDアート部門」大賞、2012年

■制作 絵画作品のWEBSITEはこちらから
「Puddles V.S. Clean Brothers」SUMISO GALLERY、大阪、グループ展、2001年
「'02ten」ESPASE446 GALLERY,大阪、グループ展、2002年
「遊びをせんとやうまれけむ戯れせんとや生まれけん」 GALLERY RAKU,京都、グループ展、2004年
「Clean Brothers の技」SUMISO GALLERY、グループ展、2005年
「シェル美術賞2005」代官山ヒルサイドフォーラム、公募展、2005年 
「トーキョーワンダーウォール2006」東京都現代美術館、公募展、2006年
「トーキョーワンダーウォール2007」東京都現代美術館、公募展、2007年
「トーキョーワンダーシード2008」トーキョーワンダーサイトTWS渋谷、公募展、2008年
「タグボート・アワード」クレアーレ青山アートフォーラムギャラリー、東京、公募展、2008年
「タグボート・スプリングアワード」クレアーレ青山アートフォーラムギャラリー、東京、公募展、2009年
「タグボート・サマーアワード」アートコンプレックスホール、東京、公募展、2009
「スコープ マイアミ アートフェア」アメリカ マイアミ州、アートフェア出品、2009年
「アジア トップ ギャラリー ホテルアートフェア」 「AHAF11」 in 香港、アートフェア出品、2011年
「ゆらぐ鏡」  unseal contemporary galerie in 東京、企画個展、2011年

■コレクション
イタリア人投資家、ジャン・ピゴッツィ設立の日本の現代美術コレクションによって収蔵、2009年

■制作紹介メディア
トーキングヘッズ叢書 第47号」アトリエサード、2011年 
[ex-chambe]アートブログ記事、2011年



inserted by FC2 system